*ほくろ除去体験談*

鼻のほくろを切除縫合法で取った話

先日30歳を前に、小鼻のところにあったほくろを取ってきました!
結論から言うと、本当に取って良かったーーーーー!!

正確に言うと、病院を受診するまでほくろではなく”いぼ”だと思っていました。
この”いぼ”ができてからというもの、顔中に同じようなできものが広がり、
だんだん自分の顔が”いぼ”に侵略されていくのではないかと思ったほど(笑)

・・・ということでネットで皮膚科兼形成外科を探し、受診してきました。

つれづれと備忘録代わりに書いていますので、とっっっっっても長いです。
目次を入れていますので、ペイペイと読み飛ばして頂ければ幸いです。

※随時更新しておりましたが、10月23日をもって完結させて頂きました!

受診1回目(初診)

人気の病院ということで、駐車場に車を泊めるのも一苦労!
初診なので問診表を書き、名前が呼ばれるまで待ちます。

いよいよ診察!
先生はダンディーな40代の男性で、とても物腰が柔らかく良い声で話す方でした(笑)

ダーモスコープで検査してもらったところ、
いぼだと思っていたものは全て”色素性母斑”つまり”ほくろ”でした。

正直いぼだと思っていたので、めちゃめちゃ恥ずかしかったです。
ちなみにこのダーモスコープ検査、虫眼鏡のような機械(=ダーモスコープ)で見られるだけなので、全く痛み等はありません。

↑鼻ぼくろ

 

先生からは「見た感じこのほくろが例えば悪い病気になったりはしないと思うから、そのままでも害は無いと思う。病理検査の結果を見て見ないと確実に・・・とは言えないけど。取るか取らないかはまいさん次第だよ。僕は言うほどそんなに気にならないけどなぁ」と言われ、手術のデメリットをいくつか提示されましたが、やはり気になるので取ることにしました。

ちなみに私の小鼻キワのほくろは大きさがあり、根が張っているため、レーザーだと跡が残る・再発するかもしれないということで、形成外科手術の「切除法」で取り除くことにしました。大きさがあるものは根からきっちり取り除き、きっちり縫った方が傷口がふさがり、跡が残りにくいそうです。レーザーはぽっこり穴が開いた形になるので、小さなほくろ向けだとか。

ちなみに「切除法」の場合、保険適応になります。(これは病院にもよるのかも)
一応病理検査に出すということが条件になり、費用は手術や最後の診察・薬の処方まで合わせて1万5000円位とのことでした。

その後手術の日程を決め、その日の診察は完了。
珍しく生理前でもないのに肌の状態が壊滅的に悪かったので、ついでにニキビの相談もしてきました。

かかった費用:
病院/確か3000円くらい(領収書が見当たらず><)
薬局/550円(ニキビの塗り薬を貰いました)

受診(2回目/手術当日)

手術当日。

手術日がなかなか埋まっていて、初診から10日後となりました。
10時に予約を取りましたが、少し早めに来て下さいと言われたので9時半に付くように行きました。
なお術後はお風呂に入れないと言われていたので、あらかじめ朝洗髪等を済ませました。

手術室に入り、まず血圧を測られます。
昔歯医者で親知らずを抜いたときも緊張しすぎて血圧がどーーーんと上がってしまったのですが、今回も上が148と普段低血圧(平均で上が100いくかいかないか)の私からは考えられないほどの数値をたたき出してしまいました(笑)

簡単な手術なのに、手術台に寝転がり、真っ白な部屋の天井を見ていると妙に緊張します。
ここの病院の看護師さんが皆さんとても良い方ばかりで、私が緊張していることを伝えると気さくに話しかけてくれ、笑わせてくれたおかげでずいぶん楽になりました。
白衣の天使って本当に素敵ですね。私女だけど恋に落ちそうになりました(笑)

ついに麻酔。先生が「麻酔を2回打つけど、1回目は痛いかもしれない!」と言っていたので、ものすっごくドキドキしましたが、目のものもらいの切除手術の際に打った麻酔や親知らずの抜歯の際の麻酔に比べたら「チクッ」位でした。全く痛くないよー!

麻酔を2回打ったあと、麻酔が効くまで時間をおくことに。
10分ほど時間を置くと、麻酔を打った鼻の辺りの感覚がなくなるというか、鼻が腫れて大きくなったような感覚に。

その後いよいよ手術!患部のみ穴が開いた緑色のマスク?というか布で顔を覆われます。
この布のおかげでライトを当てられてもまぶしくもないし、手術の映像が目に飛び込んでこなくて良かった!だって嫌じゃん、皮膚を切って縫われているのが視界に入っちゃったら。

切って縫われてても全く傷みが無くて、正直拍子抜け。
麻酔って凄いですね。顔を触られている感覚もほぼ分かりませんでした。
手術自体は10分くらいで終わりましたよーーーー。

術後はすぐにガーゼ+テープを貼られたので、患部がどんな風になっているのか分かりませんでした。これが結構ごつくて、鼻を整形している人みたいに見えます(笑)

先生ににあとから聞いた話ですが、なるべく傷が目立たないように鼻のキワにそうようにメスを入れて縫合してくれたようです。

↑術後:細かく切って重ねたガーゼ+マイクロポアテープ

抜糸まで約1週間湯船に入るのはNGだけど、翌日からシャワーならOK。
ただし当日は患部は濡らさないこと。2日目夜からは水なら洗顔可能。
3日目は状態を見せに病院に来ること。

麻酔が切れたらズキズキと痛くなるかもしれないから、痛くなったら痛み止めを飲むこと。
我慢すると傷が開いちゃうから、痛くなったら我慢せずにすぐに飲むこと。
(結局1錠も飲みませんでした)

血行が良くなりすぎた場合、もしかしたら出血するかも知れないので、運動もNG。
患部を濡らしたらダメなのでメイクもNG。
クレンジングができないので、できれば抜糸までメイクはNG。

今日は安静にすること。
(私は運動をしないと気がすまないので1時間ウォーキングしましたし、買い物にも出かけました笑 汗をかいたので、顔は濡らさない様にシャワーも浴びました。幸い出血も痛みもなし。絶対に真似しないでね!)

↑左:痛み止め/右:抗生物質

処方された薬は化膿止めの抗生物質と痛み止め(両方とも錠剤)です。
一般的に処方されるのは抗生物質セフゾンと痛み止めのロキソニンという王道の組み合わせだそうですが、私はセフェム系の抗生物質とロキソプロフェン(痛み止め)にアレルギーがあるので、変更して貰いました。

今回処方された抗生物質は1日朝1回のみ服用すればOKというもの。
薬局で3Mのマイクロポアテープ一緒にとガーゼを購入。

この日は安静にせず出歩きましたが(本当はダメ!)お店やすれ違う際に、
沢山の方から鼻をかなりじろじろと見られました。

ただ私は鋼のメンタルを持ち合わせているので、
今すれ違った人とは一生会うことはないだろうし…と気にしませんでした(笑)

かかった費用:
皮膚科/8550円(手術・病理検査代も含む)
薬局/560円(痛み止め・抗生物質各3日分)+マイクロポアテープ(180円)+ガーゼ(100円)=840円

 


3M マイクロポア スキントーン サージカルテープ 不織布 ベージュ

手術後:2日目夜

2日目日中は鋼のメンタルを持つ私でも、何となく人の目が気になってきました(笑)
本当に人にじろじろ見られるんですよ。じわじわとメンタルを削がれていく!

夜は水洗顔ならOK!ということで、シャワーを浴びて、洗顔をすると
患部を覆っていたテープ類がはずれました。

いよいよ患部とご対面!

手術跡(抜糸前)

糸で縫われているので、もっとブラックジャック的なツギハギ傷だと思っていましたが全然綺麗でした。
糸が超極細なので、遠くから見たら糸ではなく、ほくろがあるように見えます。
先生には感謝しかありません(;;)

テープをはがすときは若干痛かったですが、痛み止めを飲まなければならない程の痛みは2日間を通して1度もありませんでした。よく病院で言われるけど、多分私は痛みに強いんだと思います。(というか鈍感)

洗顔後、患部を自分でガーゼ+テープで覆いました。
この作業が不器用な私にはなかなか難しかった!

手術後:3日目朝

朝はシャワーを浴びて病院へ。

濡れるとチクチク痛みます。
テープ等をはずし、患部むき出しで行きました(笑)

あまりにも不器用なので、病院でテープ等を貼って貰うついでに
うまい貼り方を教えて貰おうと思いまして。

この日は患部が化膿していないか術後の経過を見てもらう日でしたが、
経過に問題なく綺麗だということでした。

患部にレーザー?(なんか赤い光線みたいなの)を当てられつつ、
先生から「ごめん、この前塗り薬1種類出すの忘れてた!!ハハッ」と
ダンディーな声とまぶしい笑顔で言われ「このやろ」と思いましたが(苦笑)
この先生、妙にセクシーだから許さざるをえない!!!←単純

この日の私の前の患者さんもほくろを除去したっぽくて、
きっとそれで思い出したんだろうと思います。

本当は手術当日に処方されるはずだった塗り薬を処方されました。
抜糸は翌週。(手術から1週間後)

余談ですが、手術台に乗せられるとめちゃくちゃ緊張します。
なんだろう、競りにかけられるマグロになった気分。

かかった費用:
皮膚科/580円
薬局/360円(塗り薬


↑3種類の神器!左から・・・ガーゼ・塗り薬・マイクロポアテープ

手術後:3日目夜

3日目の診察後は石鹸で洗顔OK!ということだったので、3日ぶりに石鹸で洗顔~♪
石鹸はしゃぼん玉石鹸の純植物性石鹸を使いました。
これが本当に良くて、それ以来顔も身体もこれで洗っています。

化粧水は桃の葉ローション。そして保湿はワセリンと言ったシンプルケアに。
酷かった肌荒れも綺麗に落ち着いてきました(どうやら石鹸と化粧水が諸悪の根源だったよう)

手術後:6日目

今日からは日焼け止めのみ塗ることにしました。
(2eのノンケミカルのものを愛用しています)

クレンジングはできないので、メイクは我慢。
肌の調子が落ち着いてきたので、ちょっと嬉しい。

ただほくろを除去した部分はガーゼ&テープで相変わらず頑丈に覆っているので、
すれ違う人や店員さんからやっぱりじろじろ見られます。

あれ・・・?鋼のメンタルが崩壊しそうだよぉ(´ཀ`) HP-1000

 

手術後:7日目(抜糸日)

ついに抜糸!
緊張しすぎて朝からお腹がゆるみっぱなし・・・。

なんか怖いやん、傷口をふさいでた糸を抜くなんて!
病院の待ち時間に2度もトイレに駆け込みました(笑)

抜糸は手術台ではなく、普通の診察室の椅子に座ったままで行われました。
麻酔等も無し。

先生につい「痛くないですか?」と聞く、アラサーの私。
「糸を抜くだけだから痛くないよー」
と言われましたが、切る時の音が”パチン”とワイヤーを切るような強い音がして若干ビビる。

・・・全く痛くありませんでした(笑)

血も出ないし、めっちゃびびってた自分が情けないったらありゃしない。

術後の経過も良好とのことで、一安心。
抜糸後の傷を見せてもらいましたが、かきむしった跡やニキビ跡のような感じ。
抜糸までドキドキしっぱなしでしたが、思い切って先生にお任せして良かったですヾ(*´ω`)ノ゙

↑抜糸後の元ほくろ

 

  • 今日から湯船OK、プールOK、温泉OK、飲酒もOK
  • メイクも大丈夫だけど、ゴシゴシ患部をこするのはNG
  • 日に焼けないよう日焼け止めをしっかり塗ること=手術跡はシミになりやすい
  • 薬はもう塗らなくて良いけど、マイクロポアテープを丸く切ったものを患部に10月位まで貼ること
    =患部の皮膚が新しく再生するときに引きつれを起こしたり、反らないように押さえるのが目的。
  • 紫外線や摩擦からも保護できるため、治りがきれいになる

とりあえず抜糸後の注意点はこんな感じでした。

除去したほくろの病理検査結果がまだ出ていないのと、
傷の経過の最終確認をするために、また10日後診察に行くことになりました。

 

↑丸く切ったマイクロポアテープで鉄壁ガード!

かかった費用:
皮膚科/380円

手術後:18日目(夜)

夜。
お風呂に入った後、身体を拭いていたらタオルに大量の血が付いていました。
私はちょこちょこ足をぶつけたり切ったりすることが多く、ランニングの時にどこかを怪我したかな?と思いつつ、血の出所を探すけど見つからない。
「怖いけどま、いっか」とスキンケアをしようと鏡を見てびっくり。

血の出所が、手術をしたところだったのです。
しかもなかなか止まらなくてあせる、あせる!!

とりあえず手術直後のようにガーゼを重ねてマイクロポアテープを止めて応急処置。
それでもなかなか血が止まらなくて、2度ガーゼとテープを貼り替えました。
ちょっと怖かったな。

翌週が受診予定日。
この日は土曜日だったので、月曜日に受診しようと決意しました。

手術後:20日目(診察)

 

↑20日後の患部の様子(ちょっとかさぶた)

血が止まらなかったことを伝えると、ダーモスコープで患部を診てくれました。
手術の傷は間違いなく閉じていて、出血の気配もないということ。

「じゃあどこから??」と頭の中にはてなマークが沢山浮かぶ私。
あんなに血が出たのに、ちょっとしたホラーやん。

すると突然「ねぇ、もしかしてかゆい?」と聞かれさらにびっくり。

めっっっっっっっちゃくちゃかゆいんです!!!!!!!!!!

なぜ分かった、先生よ…!!!!
マイクロテープを毎日貼っているのですが、毎日かゆくてかゆくてたまらないんです。
元々湿布とか絆創膏の粘着部分でまけてしまう私には、マイクロポアテープの粘着力は強すぎるみたい。

マイクロポアテープよりも粘着力が弱いものは無いのか尋ねたところ、ケロイド・紫外線防止のために貼るならマイクロポアテープがベストで、これ以下の粘着力のものを貼るのは意味がないと言われました。

そのため対処法は次の2種類から選ぶことに。

  • マイクロポアテープを貼り続ける
  • マイクロポアテープを貼らない代わりに日焼け止めを2-3時間おきに塗りなおす

私はテープを貼ること以上に、日焼け止めを何度も塗りなおすことが嫌だったので(単純に肌が荒れる)、テープを張り続けることを選びました。とりあえず患部にカーゼを当てて肌に触れる部分を減らす作戦です。

かゆみどめの薬(ロコイドクリーム)を処方されました。あごのかゆみを伴う赤ニキビにも使えるとのこと。

病理検査の結果は”異常なし”。
先生の予想通りメラノーマではなく、ただのほくろだったみたいです。

次回の診察は2週間後。

かかった費用
皮膚科/730円
薬局/360円

 

手術後:30日目

 

↑穴がほげた(笑)

患部がニキビのように腫れました。
いつものようにマイクロポアテープを替えるときにテープを引っ張ったら、テープにニキビの芯?のようなものがくっついてきました。昔流行っていた毛穴スッキリパックのように綺麗に取れました。

そしたら穴が開いた!!!!!笑
もう本当怖いっちゃけど!!

なんだか最近顔にコメドができやすい気が…
日焼け止めを塗りなおしたときが特に肌荒れが酷い気がする…
ちゃんと落とせてないのかな?

手術後:35日目(診察)

 

↑赤みがまだ残ってるけどそんなに目立ちません

 

受診日。
上記のことを伝えると、またダーモスコープで患部を診察。
やっぱり患部の状態は良好らしい。

ただテープを貼っているところに角栓がたまっていて、それがニキビになるんだろうとのことでした。
色々お話していると、どうやら日焼け止めがきちんと落ちていなかった模様。
2eの日焼け止めってなかなか落ちにくいらしいです。(がーーーーん)

オススメの日焼け止めを紹介して貰い、念のためニキビの塗り薬を処方して貰いました。
患部の状態は良好なので定期健診は今回で終了!
早く赤みが引けば良いなぁ。

かかった費用
皮膚科:740円
薬局:410円

 

手術後:70日目

 

 

↑血行が良くなったときは赤くなる

手術から2ヶ月経過後、ついにテープを貼ることを卒業しました!
バイバイグッバーイ、ほくろテープ~♪(上●クリニック風)

不器用かつ面倒臭がり屋な私にとって、テープを丸く切るという作業はとてもわずらわしいものでした。
今までよく頑張ったよ、自分!笑

あ、そうそう。
実は40日が経過した頃、マイクロポアテープのかゆさにどうしても我慢できなくなり、アマゾンでskinix(スキニクス)のテープを新しく購入したんですが、UVカットもできるしテープ自体が目立ちにくいしでとても良い。

マイクロポアテープと比較すると薄くて、まさに擬似皮膚って感じ!!
ある程度皮膚が再生したらこちらに切り替えると、ストレスフリーで生活できます。

▼amazon


skinix(スキニクス) エアウォール UV ゼロ感覚フィルムドレッシング 25mm×3m MA-E3025-U

 

▼楽天


skinix エアウォールUV No.25 25mmx3m MA-E3025-U 共和【条件付返品可】

 

患部の状態ですが、血行が良くなったときは赤くなります。
かさぶたがうっすらできている感じ。ほくろがここにあったことを忘れてしまいそうです♪

 

手術後:100日目

 

↑手術跡はほぼ分からなくなりました!

季節はめっきり秋です。

本来なら今くらいの季節にほくろ除去手術を行うのが望ましいとされています。

理由はやっぱり紫外線。
夏と比べるとやっぱり紫外線の量も少なくなってくるから、手術跡がシミになるリスクも少なくなります。
汗もかかないし、治りも夏に比べると早いんだって!

私は夏真っ只中に手術を受けてしまったので(しかも猛暑!!)30年間生きてきた中で初めて、毎日日焼け止めを塗り、1級遮光の帽子をかぶり、同じく1級遮光の日傘を差す、という徹底した紫外線ガード策をとりました。

正直面倒臭かったけど、直射日光を遮断すると涼しいし、なによりお肌の状態が全然違うので(肌荒れが少なくなった)良い勉強になりました。

さて。手術から早いもので100日が経過しました。
手術跡はちょっと大きめの陥没毛穴くらいで、ほぼ分かりません。

前回同様、生理前や血行が良くなったときには相変わらず赤くなります。

本当に謎なんですが、手術をした部分のすぐ隣の毛穴に皮脂がたまりやすくなり、ニキビができるようになりました(笑)
だから全く関係ないんだけど、こっちの方が”手術跡”っぽく見えますね(笑)

完全に跡が消えるようなことはきっとないだろうから、経過更新はここまでかなー?
長々とお付き合い頂き、ありがとうございました!!

経過の写真はずっと撮り続けていましたが、随時記事をアップすることができず、70日後と100日後がまとめてのアップになってしまったこと。お許し下さいーーーーーー><

まとめ

傷の治りや跡に関しては先生にもよるかもしれないので手術は一概に「おすすめ!」とは言えないけれど、もしそのほくろがコンプレックスだったら、1度皮膚科か形成外科に相談しに行く価値はあると思います。

そこでどうやって取るのか、とか、手術の跡がどんな風に残るのか、とか。
先生や看護師さんに色々聞いてみてじっくり考えて、取るか、取らないかの選択をしたら良いんじゃないかな。
自分に関わることだから、どんな結果であれ、悔いなく納得できるように自分で決めるのが1番!

私は例え傷が残ったとしてもほくろよりも圧倒的に手術跡が残る方がマシだと思ったから、手術を選びました。
最悪傷は化粧でカバーできるけど、盛り上がりがあるほくろってやっぱりカバーできないんですよ。だんだん大きくなってたし、本当に嫌だった。だから憎きほくろが無くなった今、気持ち的にかなり楽になりました。

テープを丸く切って患部に貼る作業が約2ヶ月続いたことが、不器用&面倒臭がり屋の私にとって地味に辛かったです(笑)
だけど面倒臭さを我慢して貼り続けたことで、皮膚の盛り上がりもなかったし、シミにもならずにすみました!約2ヶ月頑張った自分を褒めてあげたい…!笑

実際手術はドキドキしましたが、全く痛くなかったし、経過もほぼ順調だったので、私は手術をすることを選んで良かったです◎



-*ほくろ除去体験談*

Translate »

Copyright© まいちゃんねる , 2020 All Rights Reserved.